「水仙」は初春を代表する花の一つです。「カキツバタ」と同様に「葉組物」と呼ばれます。葉はねじれており、その中から花茎を伸ばして先端に清楚な花を咲かせます。古流では主に「日本水仙」を生けます。葉のねじれを直して生けるため、高度の技術が必要になります。